【B】太陽光照明システム「スカイライトチューブ」

商品・サービスの概要

「電気を一切使わないゼロエネルギー」
太陽光照明システムとは、電気を一切使わず、太陽の光を直接利用した照明システムです。その原理・構造は、下記の通りです。
まず、屋根に太陽光を採光する「採光ドーム」を設置します。朝や夕方の低い角度の太陽光も効率的に取り込める技があり、真夏の強すぎる光線を遮る高性能なドームです。
採り込まれた太陽光は、99.7%という驚異的な反射率を持つ「特殊鏡面加工チューブ」の内面を反射して、2階建て住宅の1階まで導かれ、天井に設置した「散光カバー」によって太陽の穏やかな光を部屋の隅々まで届けます。
また、通常の明かり採りの大きな問題点であった熱や結露の心配はなく、しかも有害な紫外線を大幅にカットしますので、住宅であれば、熱くなく、畳や家具が色褪せしませんし、倉庫であれば、段ボールなどの色褪せも起こさないという利点があります。太陽の光を曲げて好きなところにもっていけるのも大きな特長です。

商品・サービスのアピールポイント

「環境配慮性」
太陽光照明システム・スカイライトチューブは、電気を一切使わない画期的な照明システムです。
2004年から2017年8月までに累計CO2削減量 約1700t/CO2を達成いたしました。

(当社試算値)
CO2累計削減量 住宅用(製品型式160DS/290DS) 514.6t-CO2/KWh
  産業用(製品型式330DS/750DS) 1212.5t-CO2/KWh
  合計 1727.1t-CO2/KWh
設置台数実績 住宅用(製品型式160DS/290DS) 4,813台
  産業用(製品型式330DS/750DS) 2,240台
  合計 7,053台

※事業者別のCO2排出係数(2012年度実績)(平成25年12月19日公表)実排出係数 代替値0.000550t-CO2/KWh)

<地域性>
太陽光照明システム・スカイライトチューブは、環境推進県である滋賀県によって育てられた事業であると思います。
2006年に「第1回滋賀CSR経営大賞」奨励賞を受賞して以来、太陽の光を暗い場所にお届けするという熱い思いを持って活動を続けて参りました。2013年3月には「第8回滋賀CSR経営大賞」ベストプラクティス賞を受賞し、2017年3月には、「しがけん低炭素社会づくり賞」(低炭素化事業部門)を受賞いたしました。
今後も、太陽光照明システム・スカイライトチューブを通じて、持続可能な社会の実現のために、滋賀県内はもちろんのこと、全国に向けて貢献して参る所存です。

<独創性>
太陽光照明システム・スカイライトチューブの独創性は、“自然光を必要な所へお届けできる技術”です。
その対象市場は、大きく分けて一般住宅市場と産業用途(工場/倉庫/商業施設)市場になります。近年、持続可能な社会の実現が叫ばれる中で、特に3.11震災以降、省エネ・環境問題の視点から太陽光照明システム・スカイライトチューブは、大きな注目を集めています。
産業用途では、日照条件が良い場合、従来の水銀灯と同等の照度が得られることから、既存ユーザー様では、昼間の照明は、太陽光照明システムを利用し、水銀灯は消灯されています。これにより、光熱費を大幅にカットすることが可能です。同時に環境に配慮した企業というイメージアップにもつながります。
また最近では、高齢者介護施設や保育園の設置事例があり、教育や福祉の観点からも環境改善に貢献しております。また、高速道路の公衆トイレやパーキングエリア内の建物、さらには、ショッピングセンターなどの大型商業施設や公共施設への導入も進んでおります。

<共感性>
自然の恵みである太陽のあかりをどの部屋にもくまなく取り入れたい。朝のさわやかな太陽のあかりで目覚めたい。これは万人共通の願いであります。
今まで、暗いと諦めていた所に太陽のあかりで明るくすることを可能と致しました。
太陽のあかりで住まいや工場の昼間の照明がまかなえる太陽光照明システム「スカイライトチューブ」、私達がその普及に真剣に取り組むのは「自然の恵みである太陽のあかりが室内を照らした瞬間、誰もが笑顔になる。それを見るのがうれしい。」からです。「がまんのエコでは、地球は救えない!」社会の持続可能性のヒントは「楽しむエコ」にあると考えます。

過去の受賞履歴

  • 2015年3月:環境省による環境技術実証事業(ETV)証明用エネルギー低減技術実証試験による評価(実証番号110-1402)
  • 2015年2月:環境省「省エネ照明デザインアワード2014」優秀作品賞 受賞
  • 2009年11月:第6回エコプロダクツ大賞 推進協議会会長賞(優秀賞) 受賞
  • 2005年10月:2005NBK大賞「ヒューマン商品開発部門賞」受賞

商品・サービスのPRサイト

http://www.skylighttube.co.jp/

応募事業者の概要

事業者名 株式会社井之商
よみがな いのしょう
所在地 〒520-0862 滋賀県大津市平津1丁目22番地14号
従業員・職員数 10名
事業内容 太陽光照明システム研究・開発・販売・施工
ホームページ http://www.skylighttube.co.jp/
応募商品・サービスの「グリーン購入基本原則」合致要件 ■省資源・省エネルギー ■天然資源の持続可能な利用 ■長期使用性

※投票はお一人様一回限りです。複数回の投票はできません。

第3回ノミネート一覧に戻る